折れ線グラフ

折れ線グラフの読み取り方、書き方の問題です。

学習のポイント

折れ線グラフは気温や体重の変化など、数量の変化を見やすくする場合に使います。 どのような場合に折れ線グラフを使うといいか、考えてみるようにしましょう。 

*クラスの中で好きな動物の数を調べたデータなどは折れ線グラフには向きません。

まずは、折れ線グラフの読み取りをしっかり出来るようにしてください。

  • 目もりをしっかり読み取れるようにしましょう。

実際に折れ線グラフを書く練習が重要になります。

  • まずはたてじくと横じくの量が何を表すのかを書きます。
  • 1目もりの量を考えましょう。
  • 先に点を打ってから点を結ぶようにしましょう。点を打った時に間違えていないかを確認してください。

方眼紙を使っていろいろなグラフを書いてみましょう。

下記のような方眼ノートを使うと、算数やグラフの学習がやりやすくなります。

アピカ ムーミン 学習帳 5ミリ方眼罫(10ミリ実線入り) 5冊組 MLS10X5AM

新品価格
¥835から
(2020/2/18 02:18時点)

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

折れ線グラフ

折れ線グラフを書く

前の記事

計算のきまり