主語と述語 高学年向け言葉のきまりの問題

主語と述語の問題です。国語の文法の基本となるところなので、しっかり学習しておきましょう。

主語と述語の関係

文には、ふつう、主語述語があります。「何(だれ)が」にあたる文節は、文の主題を示したもので、主語と言います。また、「どうする」「どんなだ」「なんだ」「ある(いる・ない)」にあたる文節は、主語を説明するはたらきをするもので、述語と言います。

「何(だれ)が」・「どうする」         「妹が・笑う。」

「何(だれ)が」・「どんなだ」         「妹は・かわいい。」

「何(だれ)が」・「なんだ」          「妹は・四年生だ。」

「「何(だれ)が」・「ある(いる・ない)」    「妹が・いる。」

【ポイント】

主語・述語は文節のはたらきの名前です。主語・述語を問われたら、必ず文節に区切ってから答えましょう

また、 主語を答えるときは、まず述語を確認し、述語から主語を考えるようにしましょう。 

言葉のきまりの学習におすすめ

小学 まとめノート 敬語と言葉のきまり:書き込むだけで得点アップ! (受験研究社)

新品価格
¥1,100から
(2022/8/6 16:36時点)

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

syugotojyutugo1のサムネイル syugotojyutugo2のサムネイル syugotojyutugo3のサムネイル

その他の言葉のきまりの問題