わり算のたしかめ算

わり算が正しくできたかを確かめる問題です。

わり算のたしかめ算を使う練習をしましょう。

例) 下の計算は 587÷19 の計算を筆算したものです。

 間違いを探してみましょう。

 あまり 34 が わる数 19 よりお大きくなっています。 10の位に2をたてたことで青の部分の20がわる数19より大きくなってしまっています。

↓正しい筆算は次のようになります。

商は30 あまりは 17 になります。

あまりはわる数より小さくなっています。また、次のたしかめ算で正しい答えか確認してみましょう。

わられる数=わる数×商+あまり

19×30+17=587      となり、正しい答えだと確かめることができます。

普段の学習で、余裕があるときはたしかめ算をして、答えを確認するようにしてみましょう。間違えをすぐ見つける練習をすることで、計算みすが少なくなります。

応用問題

ある数を 54でわるところを、まちがえて45でわったので、商が24であまりが13になりました。正しい商とあまりを求めなさい。

まず、わり算のたしかめ算で、ある数を求めます。

45×24+13=1093

この数を 54でわれば正しい答えを求めることができます。

1093÷54=20あまり13

正しい商とは 20で あまりは 13 となります。



練習問題をダウンロードする

画像をクリックすると PDFファイルをダウンロードできます。

warizantasikame1_1のサムネイル warizantasikame1_2のサムネイル
warizantasikame2_1のサムネイル
warizantasikame2_2のサムネイル