立方体の展開図

立方体の展開図の問題です。

実際に自分で立体を組み立ててみることもおすすめします。

立方体の展開図は全部で11種類あります。

下のように、正方形の並べ方を分けて覚えていくようにしましょう。

4つの正方形が真ん中にあるタイプ

4つの正方形の上下に2つの正方形があるタイプです。

上側と下側の正方形をそれぞれくっつけていくと全部で6種類あります。

↑赤い部分の正方形を順番にずらして考えてみましょう。

3つの正方形と2つの正方形がつながっているタイプ

3つの正方形と2つの正方形がつながっていて、1つの正方形をずらしていきます。

全部で3種類あります。

↑赤い部分の正方形を順番にずらして考えてみましょう。

2つの正方形がつながっている、3つの正方形がつながっているタイプ

2つのつながった正方形が3組並ぶ、3つの正方形がつながっているのが2組並ぶタイプです。

それぞれ1種類ずつあります。

 

向きが変わる場合も考えてみる

向きが変わると同じ展開図になります。

向きちがう形も書いてみるようにしましょう。



練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

立方体の展開図

tenkaizukihonのサムネイルrippoutaitenkai2のサムネイル

 正しい展開図を選ぶ問題

iroirotennkaizu1のサムネイル

その他の立体の問題

前の記事

面や辺の垂直と平行

次の記事

ものの位置の表し方